出産事情

妊娠中におすすめの移動手段とは

つわりがあったりお腹が大きくなったりと、いつも通りにはいかないのが妊娠です。
移動手段もいつもとは違う物を使わなければいけないこともあります。

自転車や自動車で自分で運転するのは、お腹が大きくなる前の体調が良い時だけにしましょう。
お腹が大きくなると運転しづらく、ホルモンの影響で眠くなるため事故のリスクが大きくなります。
また急に具合が悪くなったり貧血を起こしたりすることもあるので、危ないですし周りの人に助けを求めにくいです。
どうしてもという時はこまめに休憩を挟むようにして、なるべく長時間は乗らないようにしましょう。

公共交通機関であれば、具合が悪くなってもすぐに助けを求められます。
電車やバスに乗る時にはなるべく混雑を避け、座れる時間に乗りましょう。
途中で降りて休めるよう、時間には余裕をもちましょう。
新幹線の場合は指定席を取り、トイレの場所や列車によってはベッドのある多目的室が設置されている場合があるので確認しておきましょう。

飛行機は長距離の移動や気圧の変化、座りっぱなしなどで体調を崩したり、急に産気づいて危険なこともあるのでなるべく避けましょう。
時期によっては医師の診断書や同伴が必要になるので確認しておきましょう。
どうしても乗らなければいけない時にはエコノミークラス症候群にならないよう、通路側の席を選び脚を伸ばしたり少し歩いたりするようにしてください。
どんな移動手段を使う時でも保険証と母子手帳は絶対に持ち歩きましょう。