出産事情

オシャレと機能性を兼ね揃えたい!妊娠中のシューズ

妊娠中には転ばないように、ヒールのない靴を選ぶ人がほとんどだと思います。
それ以外にも気を付けた方が良いポイントがあります。

転ばないようにスニーカーを履くという人も多いですが、妊娠後期にはデメリットもあります。
お腹が突き出してくると足元が見えづらくなるため、靴ひもが結びにくくなるだけでなくほどけていても気付かずに転んでしまう原因になることもあります。
スニーカーを履くのであれば、靴ひもがほどけにくい靴や結ぶ必要のない紐を使うと安心です。

妊娠中は脚がむくみやすいため、ロングブーツは脱ぎ履きが大変になることもあります。
ヒールの低いショートブーツは履きやすく、靴底がしっかりしていれば転ぶ心配も少なくなります。
また雨の日用にレインブーツがあると安心です。
おしゃれなデザインの物がたくさんあり、雨の日でも滑りにくいのでオススメです。

お出かけ用にはヒールのないぺたんこシューズで、つま先に余裕のある物がいいでしょう。
ベルトがついている物は歩く時には安心ですが、妊娠後期には履きづらくなってしまいます。
ミュールやバレエシューズにシューズバンドを付けるのがおすすめです。
ゴムやマジックテープであればお腹が大きくなっても使えます。
意外と簡単に手作りできるので、手持ちのシューズのデザインに合わせて作るのも良いでしょう。