出産事情

気を付けたい!妊娠初期に行く旅行

妊娠中の旅行はあまり良くありませんが、その中でも妊娠初期は特に避けた方が良い時期です。
なぜ妊娠初期の旅行はいけないのでしょうか。

妊娠初期は大体4ヶ月くらいまでの時期のことです。
この時期は胎児の重要な器官が形成されるため、体調に気をつかう必要があります。
また流産のリスクも高く、長時間の移動や激しい運動など身体の負担になる行動は危険です。
そのため、この時期の旅行は避けた方が良いと言われています。

それでもすでに予約してしまっていたり、法事や結婚式などで遠出しなければいけないこともあるでしょう。
どうしても旅行する場合は、自分と胎児に問題がない場合だけにしましょう。
健診で問題ないと言われても旅行によって何も起きないというわけではありません。
行き先で看てもらえる病院を先に探しておく、保険証や母子手帳を持っていく、お医者さんからの紹介状があればさらに安心です。

行き先が遠い場合、乗り物ではエコノミークラス症候群にならないよう適度に動いたり休憩を挟むようにしましょう。
滞在先では無理をせず、身体を冷やしたりしないように気を付けます。
温泉には入ってはいけないという人もいますが、成分よりも気にしたいポイントがあります。
温度が高すぎる場所は避けのぼせないように注意し、滑って転ばないようにぬめりのある温泉は避けた方が無難です。