出産事情

誰も教えてくれない!海外の出産事情

近年では海外で出産をする芸能人の影響などもあり、あえて海外出産を選ぶ人が増えてきています。
メリット・デメリットについてよく理解してから出産に臨むようにしましょう。

海外での出産のメリットは、日本よりも多様なバースプランが受け入れられる点が挙げられるでしょう。
日本とは違い欧米では無痛分娩が一般的で、出産の負担が軽く済みます。
なるべく母体の負担を減らすという考えなので、希望すれば色々な方法で痛みを軽減してくれます。
また日本では珍しい水中分娩を選ぶ人も多いです。

その国の言葉が十分に話せないといくら希望があっても伝わらなかったり、トラブルがあった時に困るということも多いです。
そのため日本語が通じやすいハワイでの出産を選ぶ人が多いです。
ハワイで産まれた子供は将来アメリカの国籍を選ぶこともできます。
一方男性の場合は徴兵登録が必要になるというデメリットもあります。

海外で出産をしたい場合は、情報収集が必須です。
手続きや出産前後の滞在先、出産費用などについてはよく確認しておきましょう。
海外での出産は高額になりますが、出産費用をカバーしてくれる保険もあります。
海外出産の経験者や現地の日本語が通じる人に話を聞いたり、インターネットで制度や経験談などを調べておくと安心です。