出産事情

妊娠中に摂取したい!積極的に摂取すべき栄養素

妊娠中は胎児の成長のために必要な栄養素を摂る必要があります。
母体にとって必要な栄養もあるので、バランス良く摂れるようにしましょう。

まず一番大切なのは葉酸です。
葉酸は細胞分裂の際に必要になるため、細胞分裂が盛んに行われる胎児には必須です。
不足してしまうと先天性奇形などのリスクが上がるので積極的に摂取しましょう。

妊娠中は胎盤に送るため、産後は母乳を作るためにたくさんの血液が必要になります。
分娩時に出血することもあるので、貧血には気をつけましょう。
貧血には葉酸やビタミン12の不足で起こる巨赤芽球性貧血や鉄分の不足が原因の鉄欠乏性貧血などがあります。
できれば妊活中から十分に摂るようにしましょう。

赤ちゃんの歯や骨を作るために必要なカルシウムも大切です。
胎児がカルシウム不足になることはありませんが、足りない分は母体の骨などに含まれるカルシウムを消費するため、産後にスカスカになっていることもあります。
またイライラしやすくなったりするので、いつもより多めに摂取すると良いでしょう。
カルシウムの吸収を助けるマグネシウムと一緒に摂るとさらに良いです。

妊娠中の食事は和食の方がカロリーや塩分が少なめなので良いでしょう。
葉酸、鉄分、カルシウム、マグネシウムが豊富な納豆と葉酸、ビタミンB12が豊富な海苔は準備も簡単でオススメです。
他にも肉や魚、野菜などなるべく色々な食品をバランス良く食べるようにするのが一番です。
つわりで食べられなければ、サプリメントを利用してもいいでしょう。